2019年10月03日

私が敏感なのか・・・

昨日の午後診、途中でトイレに行った時に待合を通らずにスタッフロームのドアから外に出た。そして用を足して戻って来た時に患者さんが待合に座っておられた。
挨拶をしない訳にはいかなかったので玄関のフロアーの上がり框の所で挨拶をした。
???何かおかしい、何だこの臭いは?フロア-マットが敷かれているところが怪しい。挨拶が終わって患者さんは診察室に入られたがもう一度スタッフルームから入って待合室に入ってみた。何か臭う。その患者さんが終わって帰られた後もう一度今度はソファーに座ってみた。今度は何も臭わない。あちらこちらに座ったが同じことだった。と言うことは上がり框の玄関マットか?
いちいち鼻を近づけるわけにもいかなかったので受付の女の子にも来て貰い「何か変な臭いがしない?」と聞いてみた。女の子は「いや、別に」だと。
もう一度スタッフルームを出て玄関のマットの所に来てみた。やはり何か臭う。
確か2~3日前にダスキンがマット交換に来て居たはずだ。まさか誰かが犬のウ○チでも踏んづけていたのか?いろんな発想が頭をよぎる。中の女の子にもここに来て貰って臭いは❓って聞いてみた。今度は「何か臭いますね」だと。やはり私だけでは無かったのだ。その時には分らなかったが近所のコンビニまで出かける時にその原因は分った。診療所の前の街路樹の銀杏だった。この時期、葉はまだ緑で若干黄色味かかった葉もあるが黄色の実がなっている。そしていくつか落果してその実を車が轢いてあのような臭いを発している。そしてその道路を横切って来られた患者さんが靴の裏にその実?が果汁を付けて来院されたのだろう。
以前も同じような事があって思い出した。この季節は必ずこのような事が起こっていた。エレベーターのマットにもその痕があった。この調子で行けばあと半月か10月いっぱいは完全に落果するまで気をつけなければならない。
汗臭い季節が終わったと思ったら、今度は銀杏の匂いに暫し悩まされる。
私が敏感なのかそれとも・・・

ページの先頭へ