2020年07月02日

それは私です

7月に入りいろいろな事が活動的に始まった。
人の往来も今まで自粛自粛で行き来が無かったのが解禁されれば一気に進んだように思った。
身近な所では1日よりスーパーやコンビニで紙袋の有料化が始まり近所のスーパーでも同様に有料化が始まった。しかし初めての事で混雑していた。そこのスーパーはセルフレジなるものがあって少量の品物を買うときはそのセルフレジを利用することが多かったが、レジ袋の有料化で最初は必ず店員がついての説明があった。
容量によって大、中、小と大きさが違い値段も違う。今までなら店員の判断で袋を付けていたがひと手間多くなった感じがした。別にプラスチックごみ削減は良い事だと思うが少し前から大手のスーパーでは行われていたのでさほど驚きもしなかったがいざとなったらマイバックなんか持って来るお客は主婦位なものだ。
店員のいるレジなら買い物の数に応じてどれにしますかと聞けるし判断も出来るがセルフレジでは一律な大きさのレジ袋になっている。そしてそれが問題なのだ。
大体セルフレジに並ぶ人と言うのは、買い物の品数が少ない人が殆どだろう。
品数にして数点か、それなのに有料のレジ袋は大きなサイズ一つだけ。
そこに並ぶ人はもう一度言うが買う品物は少数の人だ。それなのにそんなに大きな袋は必要が無い。でもサイズは一種類しか無かった。だから初日のセルフレジに並んでいた時に偶々店長がそこに居て顔見知りもあってそのことを告げた。
「店長、これでは本末転倒ですよ」と。でも店長曰く、店員のいるレジとセルフレジでは若干袋に違いがあるらしかった。それは店員のいるレジでは今までのより少々厚くなった袋だがセルフレジではそのレジ袋にバーコードが付いていてバーコードを読み取ってからその袋に商品を入れるようになっているとか。
確かに店員のいるレジ袋にはそんなバーコードはついていない袋なのに対してセルフレジでは袋の所にバーコードが付いているではないか。それを先に読み取ってから商品を入れる仕組みになっている。それともう一つ問題があることに気が付いた。それは缶コーヒーとかジュース一本を買う人なんか袋は必要が無いがそのまま買って店を出る時は今までならシールを張ってくれていたがセルフならそんなものは張ってくれない。もしも悪用でもされればこれまた本末転倒だろう。
そんな事を思いながら家で家人に話をしたら「そんな事を考えるのはアンタだけや」だと。だから昼から買い物の時に入り口にあった『お店に対する意見書』に書き込んでおいた。元々はそのセルフレジも最初は無かったが誰かが書いたおかげでセルフレジが出来た経緯があったからだ。それは何を隠そう私がしつこく意見書に書いておいたからだと自負している。

ページの先頭へ