2020年07月03日

あ~あ 勿体ないなぁ・・・

昨日の新型コロナの感染者が東京で100名を超えたと報じられた。
第二波かと心配されているが果たしてこの数字の表して居るものは何か、もう少し見て見ないと分らないと専門家の意見が載っていた。
見極めることは大事だが決断することはもっと大事なことだ。明らかに夜の街クラスターだと分っていても先日も書いたが保証がどうだと言われるのが嫌で決断できずにズルズルと感染者が増えて行く方がよほど怖いのではないかと思う。
3密を避けて経済活動を再開してやっと仕事が出来ると思った矢先にこの感染者の増加は如何なものかと思う。もうこの歳で夜の街へ出歩くことは無いがもっと私が若かったなら心配事には事欠かなかっただろう。
若い頃には若いなりに経験しておかなければならないこともあると思う。
夜の街に出歩くなと言ってもそれは無理な話。腹ペコの猛獣の前を美味しそうな獲物が通れば黙ってみているほどお調子者ではないはずだ。がむしゃらに食らいつくか、将又討ち死にするか、本能に任せて行動するのが世の男だろう。と思っていた。
最近の男子はそうでは無いらしい、我々の若い頃は頭の中はアレの事ばかりだった。最近の若い男子はそうでは無いらしい。そんな話を聞くたびに私は自分が今の時代に生まれてこなくて良かったと思ってしまう。高度成長世代だし、競争世代で勝った負けたは当たり前の時代。それを良いとか悪いとか言っているのではない。
時代にあった遊び方や考え方があっても良いと思っている。昔は良かったと思うようになれば歳をとったと思われても仕方がない。
我々世代は目一杯仕事をして、目一杯遊んだ。だから24時間では足りないくらいの事をしてきた自負はある。でも今はどうかと言えばそれなりの時間をそれなりにすごして後は人との付き合いよりも自分の時間を優先するために他人とのお付き合いもほどほどに帰宅部よろしく直帰する若者が多いと聞く。それを聞いた時にすぐさま『勿体ない』と思ってしまった。
コレは強制でも何もないが誰もが歳をとって行く、そして必ずや若い時を振り返る時が来る。その時にあの時こうしておけばよかったとの後悔は必ずある。
それが嫌でがむしゃらに走ってきた自分が居る。でも今の若者はきっと歳をとっても私の様にそうは思わないんだろうと思ってしまう。あ~あ勿体ないなぁ。

ページの先頭へ