2020年07月07日

そう願いたいものだ・・・

昨日もまた九州北部に線上降水帯がかかり大雨を齎した。
ここ最近の日本の梅雨は昔とは様変わりをして来たように思う。
我々の子供の頃は梅雨と言えば「しとしと」「ジメジメ」と言った表現が当てはまったが、今や豪雨と言う表現が当てはまるようになってきた。熱帯地方のスコールともまた違う。
国土の大半が山で河川も急流の地域では一度に降る雨の量によっては一気に水嵩が増すと言う現象が起きる。支流から本流へと流れる水の流れが一気に上流から流れて来る流れに反して本流から支流へと逆の流れになって川をさかのぼって行く現象が起こる。テレビの検証番組でもやっていたが車ならタイヤ部分まで水が浸かれば車は動かなくなるし、人の膝くらいの水嵩になれば危険な状態になるのは実験で証明済みだ。
アンダーパスなどで車が動かなくなっている映像もよく見かける。水圧でドアが開かないようになれば窓を割って外に出ると言うことも考えておかなければならない。
毎年のように起こる豪雨災害、ボランティアの人々が又被災地に入りお手伝いをする映像もこれから何度も流されて行くだろう。
ここ最近の豪雨で1階が水浸し、車の天井まで水が浸かる、そうすれば車は使い物にならず廃車、そして家の家電も処分することになる。
だから昨年も一昨年も梅雨明けと同時にそんな車や家電が飛ぶように売れだすと言った現象が見られた。車は新車では無く中古車、それも軽自動車の取り合いになってオークションもどんどんと値が上がる。家電は中古家電よりやはりこの際買い替えを考えるようになってどんどん売れる。それはそれでお金の循環には良いかもしれないが一度水に浸かった家はそう簡単に片づけられたものではない。
同級生が一度水害にあって床上浸水した時の話だが、結局は畳などは総替えしたと言うし床下の水害で泥をかき出し乾かすために暫くは畳なしの状態だそうだ。
臭いも想像以上の臭いだったらしい。ボランティアの人の助けを借りずにはいられなかったとか。大変ありがたかったと言っていた。
もうこれからは川の側は怖いと言って山間の新興住宅に引っ越したら今度は土砂崩れの心配が待っている。我が国はどこに行こうが危険はついて来る。
新型コロナの最中に避難場所でも3密を避けるように言われるがもっと根本の所を考えないといけないように思われる。
河川の堤防ですら何十年も前の基準で作られている。想定を遥かに超える雨量を受け止める河川の整備も一刻も早く望まれる。
今、ここで大地震でも来れば何をか況やだ。せめて一刻も早い復旧が望まれる。
ある人が言っていた言葉がある。『量子力学』多数が一つの現象を気にすることで、粒子の動きが変わり、検査結果のデーターが変わる物理現象。
だから災害は忘れたころにやって来る=災害は忘れなければやって来ない。
そう願いたいものだ。

ページの先頭へ