2020年07月09日

皆で思うことが大事です

昨日の夜のニュースでも九州地方の豪雨は毎回言っているが、今度は中部地方の河川の氾濫のニュースが報じられていた。雨が止んだと言っても土砂災害はこれからやって来る。地盤が緩んでもう一雨降れば一気に土砂崩れが起こる。
日本の国土はそう言う地形になっていて河川は急流だし平地は湿地を埋め立てたところに街を作っているし、山を切り開いて新興住宅を建てている。
今考えればヤバい場所に街を作ればヤバい結果が待っていると言うことだ。
忘れがちだが大阪も東京もその他の都市でも地下街が発展して出来ている。総距離何キロにもなる地下街だ。その地下街の下には地下鉄が網目の様に通っているから一旦河川が氾濫して洪水が街を襲えば水は低い方に流れて行くのは自然の摂理。
こうなったら復興に何年とかかるかも知れない。地震もいつやって来るかも知れない。考えたらキリが無い。物理学で言うところの『量子力学の法則』というのがあります。コレは多数が一つの事を想像することで粒子の動きが変わり、検査結果のデータが変わる物理現象。事前に知ることで量子力学で最悪は起こりません。
事前に災難を想定することで無難に終わります。天災は忘れたころにやって来る=だから天災は忘れなければ来ない。毎年、梅雨のこの時期はこんな災害が何処かの地方で起こります。だからもしも起こっても仕方がないって諦めないで国民全員が災害は来るもの、だから来た時にはどうしよう、こうしようと想像するだけで大難は小難へ、小難は無難へと変わって行くことでしょう。災害は無害へと変わって行くことを期待しましょう。

ページの先頭へ