2020年07月13日

あと一息だぜ、頑張ろうではないか・・・

ここ最近新型コロナウイルスの感染者の数が増えてきている。東京では連日の200人越えだ。大阪の通天閣のライトアップの色が黄色に変わった。第二波なのかは分らないがあれだけ自粛していた反動で出歩けばそれ相当の数が出るとは思っていたがそれなりの増加が実際の数字ででて見るともう一度元の木阿弥になるんではないかと恐ろしくなる。夜の街クラスター、これで一括りには出来ないが接客を伴うお店と言うことは平たく言えば、ホストクラブやキャバクラやショウパブあたりか。
なぜ急に感染者の数が増えたかと言うと検査をする対象者が増えたからだと言う説明に納得は行かない。明らかにそこがクラスターと分っているのに何故に規制をかけない。規制をかければ保証が要る、保証が要ると言うことはお金が要ると言うことだ。
だったら保証をかけるしお金も渡すが、明らかにそこのお店から出たと分れば罰金でも営業停止でもいいからやればいいのだ。極論かもしれないがそこまでやらなければ国民の安全を守れやしない。確か海外ではタバコのポイ捨てや路上に唾を吐いただけで罰金になる国もあった。そこまでしないと綺麗さは確保できないのか。
電車に乗ってもスーパーに行ってもほぼ大多数の人はマスクをつけている。でも一部の人はマスクもしないで乗車しているし買い物をしている。
折角開幕したイベントをもう一度閉鎖しないと分らないのか、入り口でのマスクの確認や検温を徹底的に実施するくらいの事が何故に出来ない。
一部の人が人権問題だとか言うからそれを恐れてやらないならもしも感染者が出て閉鎖されればもっと大きな損害が出ると言うことを分って欲しいものだ。
自粛生活で何かを学んだ人が多いと言うが、基本的には自分の身は自分で守るを徹底してこそ新たな生活様式を身を持って経験したことになるのではないだろうか。
入り口のアルコール消毒も大分浸透して来た。ソーシャルディスタンスも慣れてきた。あともう少しだと言うところまで来ているのに、今までの苦労が水の泡になることだけは避けねばならない。ここは国民一致で乗り切らなければならないと強く思った。

ページの先頭へ