2020年07月14日

昔の人はどう思うのだろう・・・

今朝は雨が結構降っている。しかし災害のあった地域の雨はこんなのではなかっただろう、インタビューのニュースでも言っていたが「生まれてからずっとここに住んでいるがこんな雨に遇ったこともこの川が氾濫することも考えられなかった」と言っている映像を見た。
誰も日常慣れ親しんでいる目の前の川が猛烈な勢いで流れて行く様子を表現するには地元の人の話が何をか況やだ。
今年はまだ半分が過ぎたに違いないが、新型コロナや水害で息つく暇がない。
ボランティアの入りこむ余地も無くただ只管この長雨が過ぎ去ってくれることを願ってやまない。台風なら予想進路があって徐々にスピードを上げて進んでいくが、線状降水帯は次から次へと積乱雲が湧き立ち同じ場所に大雨を齎す。
毎日のテレビのトップニュースも新型コロナウイルスの話から今や水害災害のニュースに取って代わってしまった。
今さっきは一時的に小雨だった街も現在ではしっかりとした雨模様だ。傘なしでは歩けない状態で時に傘にしがみ付かないと風で持って行かれそうになる位の雨だ。
明日は我が身と注意と警戒をしつつ備えておかねばならない。
ちょうど1週間前は『七夕』だとかなんだとか言っていた記憶があるが今年の七夕は何の記憶にも残っていない。天の川は決壊はしないのだろうか。こんなに雨が降り続き豪雨を齎せばひょっとしたら天の川も警戒水位を超えているのではないかと思ってしまう。彦星と織姫が長靴を履いてボランティア作業をしている姿なんか想像もしたくない。清流が流れているイメージの天の川が激流に変わってしまうのなんか想像したくない。こんな想像をし乍ら恨めしく空を見上げている。

ページの先頭へ