2020年08月05日

同じ過ちを繰り返してはならない・・・

こんなに暑かったっけ?
そう思う梅雨明けの日本列島だろう。長雨、豪雨、河川の氾濫が相次いだ今年の梅雨は普段なら夏の準備をしていたであろう体調を新型コロナの影響で出歩くこともままならない状況で自粛していたせいか特に堪える。学校のプールの授業も無くなり、夏休みの期間も短縮している現状、本来なら今年はオリンピックイヤ―で大いに盛り上がりを見せて居る筈だった。最近はそのオリンピックの話も話題に上らないのが現状だ。世界中の拡大がこうも続いているのを見ると1年後に本当にオリンピックの開催が出来るのだろうか疑問に思えて来る。ここまで会場を作り上げたのに、あの盛り上がりはたった一つの何処かの国のコロナ報告の遅れから始まったと言って過言ではない。ワクチン競争が盛んだが今回の新型コロナの拡大感染を誰もが望んではいないはずだ。ましてや国内外の経済の落ち込みは直ぐには回復するのは誰の目にも無理と映るはずだ。
アフリカや南米の拡大には心を痛めるものがある。医療の充実している先進国でさえ毎日の感染者数の増加には打つ手がないと言うのが現実だろう。
経済の衰退が直ぐに国力の衰退になる発展途上国だ、だからと言って現在の感染者数一位は経済大国アメリカだと言うことを忘れてはいけない。
しかし今現在の我が国の感染者数の発表が本当の数字を言っているようには思えなかったところもあるが、先日の連休の人出の多さが今週からの感染者数に表れて来るから本当に怖いものがある。誰かコメンテーターが言っていたが東京で500名以上、大阪で300名以上、その他の都市では200名以上の感染者が出ればまた非常事態宣言への逆戻りが起こるかも知れないと。なのにこのお盆が始まる来週にもGoToキャンペーンを推奨している政府関係者がいることに驚きを隠しえない。私だけは大丈夫だとか、何処へも出て行けないのでストレスが溜まって街に出てきたと言う人達の街頭インタビューを見るたびに、何もわかっちゃいないんだと思ってしまう。命をかけてまでやる事ではない。生活のあり方を根本的に変える今回の新型ウイルス感染拡大だと言うことをもう一度思い返してみてはどうだろう。

ページの先頭へ