2015年10月02日

昨夜の暴風雨は凄かった

昨夜の雨風は凄かった。それに雷、コレも近所に落ちたみたいでものすごい音がしていた。
爆弾低気圧らしいが一気に数十HP気圧が下がるのだそうだ。
台風並みの暴風雨、そして台風には無い雷。もし家に居なくてどこかに出ていたらどうなっていたことやら。
お山の行で登山していたらひとたまりも無いはずだ。
大峰山での奥掛け行は何があってもやり遂げないと自決しないといけないと言われている。そんな行なのになぜかこんな時は直接の被害は聴いたことが無い。それもやっぱりお山に守られているからなのだろう。
さていつも思うのだが台風一過というか、こんな時に動物達はどうしているのだろうか。
朝いつも見かける野良猫はゴミ箱がひっくり返って中の残飯は食べ放題、カラスやすずめは木の実があちらこちらに散乱してそれも食べ放題。動物達には恵みの雨風だったに違いない。
今から晴れの天気が暫く続くらしいが、考えようだが雨も無ければ困るし晴れも必要、自然は我々に困難とその後で恵みを齎せてくれる。
災害になるのは困るが程よい雨風は大いに歓迎する。
アレだけの昨夜の雨と風と雷は何を我々に恵んでくれるのだろうかと考えさせられる。
自然には勝てないと言うことか、それともじっと耐えて待つことか。
そんなときにも警察、消防の方々は働いてくれていることを忘れてはならない。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ