2015年11月05日

いつものような答えが返ってきた

ここ最近は秋晴れの天気が続いて気持ちのよい日だ。
朝夕の気温差も風邪を引くには都合がよくなっている。
春ほどではないが、最近はまた花粉が飛び交っているのが分かる。
毎日患者さんの様子を見ていると、クシャミや鼻詰まりなどの患者さんが多くなっている。
「風邪ですか?」
「いいえ 風邪ではないんですがクシャミや鼻詰まりが」
「それって花粉症じゃないですか?」
「こんな時期に花粉症って出るんですか?」
「最近多いみたいですよ うちの患者さんでも何人も・・・」
「そうですか 一度耳鼻科にいってみます」
こんな会話がちらほら。
意外に思われるかもしれませんが、そうなんですこの時期に花粉症の患者さんは多く出るんです。
話は変わりますが、ここ最近はペットブームでも犬より猫が主流だそうです。
どこかの島は島民の数より猫の数の方が多いとか。それを見に来る観光客もかなりの数だとか。
ちょっと前はペットといえば犬、それも小型犬のチワワやミニチュアダックス、トイプードルなどがはばを利かせていた。
よくテレビでも「犬派、猫派」と議論されているがどちらでもない人にはっきり言ってどうでもいいことなんだが。
犬派だろうが猫派だろうがこっちには関係が無い。わたしゃ人派なんで。
そんなことをここで言うのもなんだがあまりに日本人はブームに流されやすいと言うこと。
それだけ平和と言うことか。ペットも家族と言う御仁は周りに多い。また今まで犬派だったのが急に猫派になるのも居る。
まぁ家は犬、猫どちらも苦手な家人が居るのでそれこそあまり関係が無い。
前にも書いたがどうして家では動物を飼ったらいけないか聞いたところこんな答えが返ってきた。
「家では口とお尻がついているものはダメ」
「アンタで十分世話がやけるから」
必ずと言っていいほどのお決まりの答えが返ってくる。
この家でペットを飼うと言うのは至難の業なのかもしれない。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ