2016年01月28日

またまた やっちまったなぁ

朝から診療所でちょっとした油断で足を滑らせてしまった。
思いっきり足首を捩じってしまって、そのままそこに倒れこんでしまった。時間は午前6時、もちろんこんな時間にこのビルには人はいない。待合室のソファーで横になっていてもそれでも足はジンジンとする。午前診の患者さんにもこんな時間に電話はかけれない。女の子が来るまでじっと寝転んでいた。
だんだん痛みは増すようでこのままならヤバいと判断して急きょ先輩の診療所に行くことにした。
最近はそこの長男が院長の代わりに診察しているが、本当のところこっちのほうが腕は確かだが、私が行けばわざわざ院長が出てくるに違いない。
そうなるとまたレントゲンやら痛みどめの点滴などで時間を要するに違いない。ここを8時に出れば診察の時間のちょっと前につくから受付に本日の先生はどちらか聞くことができる。それでもいいから早くこの痛みから解放してほしい。
そう思って車を走らせながら電話をしてみた。途中まで来ているから高速に乗っているから引き返せない。
電話が通じたが今日は院長先生だけですとの答え、仕方がない触られたら飛び上るほど痛い、何とか点滴だけで済ませて貰った。いまこうして帰ってきてここにか書き込んでいるがどうして行ったのかの記憶がない。よくも無事で帰ってこれたものだ。今も痛みに耐えながらこうして書き込んではいるがそろそろ限界なのでこの続きはまたの機会に。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ