2016年07月05日

自分のことは自分で解決しような・・・

昨日、後輩からの電話でこんなのがあった。
「久しぶりです」
「どうしたんや 久しぶりやな」
「いやちょっと診療所での問題がありまして」
「どうしたんや」
「我々の仕事ってきついでしょ」
「そやな 楽やないわ」
「最初はよく働いてくれると思っていた子がいましてね」
「よかったやないか」
「最初はね、でも段々とボロが出てきたんですわ」
「ボロ?」
「新人ですって紹介したけどもそれは最初の1年目だけですよ」
「???」
「仕事をし出して半年たってもなかなか覚えが悪くて」
「それで」
「それでも、新人だからって周りの子には通じませんでしょ」
「そらそやな」
「周りの子も最初は新人でもだんだん慣れてきたらもう新人じゃないでしょ」
「そらそやな」
「いつまでたってもそんなんやから注意をしたんです」
「当たり前やな」
「周りの子もあの子と一緒に仕事をしたくないって」
「それは困った問題やな」
「私たちを取るのか、あの子を取るのかって」
「深刻やでそれは」
「でも一旦雇うとそれなりの理由が無ければ、辞めさせられないんですよね」
「そうやな」
「それで困っているんですわ」
「なるほどそれは問題やな」
「どちらかを取れって言われても・・・」
「それでオマエの所って従業員は何人や?」
「3人です」
「その子を入れてか?」
「そうです」
「一人を辞めさせるか、二人が辞めるかです」
「どっちにしても困るわな」
「何か良い知恵無いですか?」
「ちょっと考えさせてくれるか」
大体こんな内容の話でした。今の時期人手不足なこの業界、辞めてもすぐに次が来てくれる保証はありません。そうかといって二人が辞めればすぐに仕事に支障が出るのは目に見えています。簡単に考えさせてくれるかと言ってしまったが、なかなかすぐに答えが出るものでもありません。どういう風に返事をしたものかただいま思案中です。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ