2016年07月13日

こんな幸せもラッキーと呼ぶんだろうか・・・

いきなりの集中豪雨、診療所に入るや否や空が急に暗くなったと思ったら、車のヘッドライトが点灯したと思ったら、窓を激しく叩く雨に一瞬たじろいだくらいだった。
横断歩道の白線上を激しく雨が叩くものだから、泡立つどころか白線以外のアスファルトの黒い所さえ白く浮き出て、太い1本の白の線になってしまった。
路肩の排水溝は一瞬で溢れ、流れが悪くなって大きな水たまりが出来てしまった。歩行者はその水たまりを避けるために大きく円を書くようにその周りをまわって横断歩道を急ぎ早に、小走りに渡って行った。
でもきっとあの様子なら下着までずぶ濡れ状態になっているだろう。
私ももう5分遅れていたら駐車場から出れない状態になっていたかもしれない。
昨今の雨はこのような豪雨というより、ある場所に集中する傾向がある。
ワイパーをマックスにしてもきっと前が見えないと思う。前方の車の跳ね上げた水しぶきも尋常ではない。普段はそれこそ1メートルも跳ねないと思うが、今窓の外を見ていると、大きな鳥が羽ばたく様に2~3メートルの水飛沫が上がっている。それをまともに受ける歩行者はたまったものではない。雨に対して傘を差し、車の飛沫にも身を屈めて避けないといけない。
いったいこの雨でどれくらいの降雨量があるのだろうか?よく50ミリとか60ミリとか言われるが、放送でよく滝のような雨とか言っているがこれがそれにあたるのだろうか?
何にしろいち早くビルに入れた私は考えて見たら運が良い方ではなかっただろうか。
そして今日の運勢を見てみたら、「普段よりちょっとラッキーなことがあるかもしれない」と出てきた。コレがそのラッキーだったら、後の一日はそのお零れでやっていかないといけない。まぁ何より今日は少しラッキーデーだった。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ