2016年07月25日

ポケモンGO

昨今の話題の中心に「ポケモンGO」がある。
大人も子供もスマホ片手に昼夜を問わずに街中を闊歩している姿には何かしら違和感を通り越して恐怖さえ覚えてしまう。
もともとポケモン世代ではないからポケモンの名前くらいしか知らないし、ほかの怪獣なんて何にも知らないから「○○ゲット」なんて言われても何のことやら異次元な話としか受け止めることはできない。
事故も起こっているし犯罪に巻き込まれることもある。
一心不乱にスマホに夢中になるが故に起こることだから、誰に迷惑をかけるわけではないにしろ注意は必要なことだ。
良い面も悪い面もあるから功罪つけがたい面もある。
引きこもりの人がこのゲームのおかげで表に出るようになったとか。親子でこのゲームをするようになって会話が出来るようになったとか。どこにこの怪獣たちが出現するか分らないので、今まであまり知られていなかった場所がいきなりの注目スポットになって多くの人が来てその周辺が一大聖地となってお店が流行り出したとか。
でも反面、交通ルールを守らないから事故や犯罪に巻き込まれてしまったとか。
きっとこのゲームを仕掛けるにあたってはさぞやいろんな意見が出たに違いない。
あまりこのような話題を持ち出しても、ゲームをやらない世代の私には何をやいわんやである。
昨日も大型ショッピングセンターに行ったときに、スマホを片手に歩き回っている人が何人もいた。何がそんなに面白いのか全く理解できない。この地点で私はもう時代遅れなのかもしれない。誰かテレビの解説者が行っていたがこのゲームが言わば、昆虫採集みたいなものだと。昆虫採集は子供の頃にはあよくやったものだが、何が昆虫採集だかさっぱり分らない。
連れの中にこんなのが大好きな奴がいて、早速電話して聞いてみた。
すると今までにゲットした怪獣の名前を言い出したが何のことやらちんぷんかんぷんだった。最後には「オマエにはこの面白さは伝わらんやろな」だと。
別に伝わってほしくもない。ただ同級生と言えば還暦を超えたオッサンだ。
そんな奴が子供のようにはしゃぐ姿に違和感どころか呆れてしまっている自分がいる。まぁすぐに飽きるだろうが、それから何が一体楽しかったのかを聞いてみようと思う。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ