2016年09月20日

防災意識の再確認を・・・

今朝は台風の影響が出ていて、雨脚が強くなったり弱くなったり。
台風16号は日本の南岸沿いを東に向かって一直線に進んでいる。
地震と台風の関係についてと言うのを何かの本で読んだ記憶があった。
台風の後で地震が起こりやすくなって災害が二重三重に重なってしまうと言う。
確かに今年の台風の進路図と、今年の地震の震源地の図を重ね合わせればあまりにもよく一致していることに気が付くはずだ。特に東北地方に発生した地震の震源地が普段は西から東への偏西風に乗って進むはずの台風が関東沖から北に進み、北海道に上陸した台風の進路図を重ねてみたらすべて震源地の上を通過していることになる。
卵が先か鶏が先かの議論じゃないが、また後出しじゃんけんでもないが、結果的には地震の震源域上を台風が通過したことになる。これは単なる偶然か、はたまた何かの予言じみたことなのか。
なにも根拠のない話はするつもりはないが、偶然の一致ならそれでも良いが、頭の片隅には少しは残しておいても誰も怒りはしないだろう。
となると今回の日本列島の南岸沿いを東に進む台風16号は、南海、東南海地震が来るであろうと思われているまさに真上を通過することになる。
こんな大きな台風が通過することで地震を抑えてくれるならいいが、逆にこの台風が通過することによる地震の誘発に繋がるようでは困ったものだ。
こんな話をして心配をあおるつもりは無いが、なければそれで結構なことだ。
オオカミ少年ならぬオオカミオヤジの言うことなんか気にもしないでもらって結構。
でも油断大敵、無くて当たり前だが、何かしら災害に対しての心構えをもう一度確認し合える良いチャンスではないかと思う。
何事もなく無事に過ごせるように祈るばかりだ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ