2016年09月29日

自分で言うか・・・

つい15分ほど前、空が一転掻き曇り大粒の雨が落ちてきた。
その5分ほど前に近所のコンビニに買い物に行ってきた。後5分遅れれば診療所に戻れないほどの大雨だった。
今診療所の窓からは信号を渡れない人が何人も向いのビルの1階で雨宿りをしている姿が見られる。
その中に当医院の患者さんの姿も見られた。窓越しに手を振ってこちらを見ていたので、傘の格好をして下まで持って行こうかって合図をしたら両手で×印をして大丈夫の合図。2~3回信号が変わって走って信号を渡って行った。
でもきっとずぶ濡れに違いない。そうこうしているうちに電話が鳴った。
その患者さんからだった。
「先生、先ほどはどうもです」
「だいぶ雨に濡れたんではないですか?」
「大丈夫ですよ」
「そうですか」
「それより今日の朝のアポを変更してもらえませんか?」
「いいですよ、どうしました?」
「まだ他の社員が来てないんです」
「あの雨ではねぇ、都合のいい時に来てください」
「ありがとうございます」
こんな内容だった。そりゃあの雨では傘も意味をなさないから仕方がないですよ。
こんな時早くに診療所に来ていて本当に助かったと言うことです。
でも今日に限って向かいのコンビニに傘を持たずに行ったのに、あの大雨にあわなかったのはきっと日ごろの行いの御蔭と誰も言ってくれそうにないので、自分でいうことにしよう。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ