2016年11月07日

有意義な週末の過ごし方・・・

先週末、昼から時間があったので年末に行う棚卸の資料を準備しかけた。
よく使う材料や全く使わなくなった材料を一覧に出して見た。
するとここ一年、二年全く使わなくなった材料が沢山出てきた。
材料屋さんは新製品が出てくるたびに業者を同行させて、商品の説明にやって来るが、毎回買うことは無いが気になる商品の場合使ってみようと思い買ってしまう。そうすると同じような商品で先に使っていても今度出来た新しい商品の方に目がいき、そのまま使うと言うケースが多くあることが分かった。
約30%くらいにその傾向が見られた。当たり前のように使っていても新商品の方がコレが優れている、アレが優れているとうたい文句のように説明されると何となく使ってそのままずるずると使い続けると言うパターンだ。
1年間使わない材料は今後使い出すことは無いようだし、新製品もまたそれより新しい商品が出たら同じような運命になることだと分った。
そしてもう一つの問題が、患者さんにセットするはずの印象物の話だ。
未セット物がこんなにあったのかにも驚いた。ということは患者さんが来なくなったり、来ていても最初の予定じゃないものに変わったと言うことだ。
それならなぜにもっと早くに確認したり、処分しておかなかったのかということだ。義歯やブリッジなどはほとんっど無かったが、TEKなどの補綴物が如何にたくさん残っていたか、これらにも当然技工料は支払っているし、無駄になってしまっているものの一つだ。
始末をするのは大事だが、こうして無駄になって眠ったままになっている補綴物を多くの医院はきっとあるはずだ。一度、皆さんの診療所でも確認された方が良いですよ。女の子任せでは分らないことが多くあることがわかり意義ある週末でした。でも少しショックだったんですけれども・・・

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ