2018年02月26日

よく頑張った 日本選手たち

昨日、冬季オリンピックが終わった。私は開会式より閉会式の方が好きだ。
結果は大事なのはわかっている、しかしその中に幾つものドラマがあることに期待しているし神様が拵えた筋書のないドラマを楽しみにして競技を見ていた。
勿論金メダルにはそれなりのドラマがあると思うが銅メダルにも3位と4位ではこれまた凄いドラマがあるものだ。
今回の女子のカーリングにもその劇的なドラマはあった。最後の一投でそれは起こった。絶対的有利の後攻のイギリスチームの一投が放たれた瞬間、これで日本も御終いかと思われたがストーンが当たった瞬間の解説者の「えっ」がすべてを物語っていた。ビリヤードをしたことのある人なら分ると思うがあのストーンとストーンの微妙な距離、そして当たる角度も正直どちらに転んでもおかしくない石の配置だった。はじき出されたストーンと残ったストーン、それがたまたま日本のストーンが残って勝ったと言うことだ。あれが最後に投げた日本のストーンがもしも相手にストーンにきっちりついていたらイギリスの最終ストーンが両方を外の弾き出したに違いない。あの微妙な距離が日本のストーンを円の中に残したのだ。専門ではないが同じような競技のビリヤードをやっていたのでその距離が球を残すか残さないかが分った。でもあれも当たる角度とスピードで変わると思うが今回のは絶妙な配置のストーンと最終のイギリス選手の力加減がもたらした筋書の無いドラマになってしまった。たらればはいけないと思うがもう一度あの場面で投げれたらイギリスの最終の選手はきっと日本のストーンを弾き出していると思う。それだけ当たる位置が1センチか2センチ違えば結果が大きく変わったように思う。まぁそれも神のみぞ知る世界。ココは素直に喜んでいいと思う。もう一つ言わせてもらえればメダリストにはなれなかったが入賞者が多く出たのも嬉しい誤算だったのではないか。表舞台には出れないが、その選手たちにも大いなる賛辞を送りたい。なにはともあれお疲れ様でした。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ