2018年07月06日

これ以上の被害が出ないことを祈る

連日、強い雨が続いている。
線状降水帯なる言葉を知ってからも同じ場所で雨が降り続くとどうなるかを身に沁みて分ってはいるものの、その勢いには圧倒される。徳島県と高知県の県境辺りではもうすでに1000ミリを超える雨を観測していると今朝のニュースで言っていた。
最近の気候は雨が降らないと言ったら渇水対策がどうのこうの、水不足を心配し、逆に降りすぎると氾濫、洪水など極端だと思う。
昔もこんな具合だったのか?それとも気候変動で地球温暖化がなせるものかは分らないが、50年に一度、100年に一度の言葉が躍っている。
今年もまだ半年が経っただけなのに大阪北部地震、火山の噴火と何かと滅多にない事が起こっている。
この大雨も滅多に降らない近畿地方、それも大阪北部に集中して地震被害に見舞われた地域に追い打ちをかけている。
日本は災害の起こる頻度は他の国に比べてはるかに多い国だ。
だから今までの経験で何とか乗り越えてきた。台風が来れば水に浸かり、今年は竜巻さえも起こってニュースになった。
「おかしな気候だ」だけでは済まされない。やはり今地球規模の気候変動が起こっているのは目に見えて明らかだ。
災害から身を守るのは国でもなく自治体でもなく自分自身で守らなければならない。
もしも被害に合ったならいち早く復興できるような体制を取ってもらいたい。少しの雨でも川が氾濫する危険を毎回の様にニュースでは言っている。自衛隊の皆さんのお世話にならなくても済むようにまずは自分の身は自分で守ることを考えなければならない。
まずは家族がそしてご近所さんがそして地域が一丸となってやるしかないと思う。これからも雨は降り続くとニュースで言っていた。
川の増水、そして氾濫は上流の雨の影響がこれから出て来る。
注意をしてもしつくすことは無い。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ