2018年07月13日

考えさせられることの多い災害だった

今回の西日本豪雨の全容が明らかになってきて災害の恐ろしさをまざまざと見せられた。
雨は恵みの雨にも災害の雨にもなると言うこと。そして日本に暮らす限り安全な場所は無いと言うこと。だから「備えあれば憂いなし」と言う先人たちの言い伝えが身に沁みる。
昔々の昔ばなしではないが河川の氾濫がよく起こった地域では何処何処に堤防を築き、何処には住んではいけないと言った言い伝えがあったらしい。しかし昨今の住宅事情ではそんなことは言ってられない。だから山を切り開き、川の堆積地にも家が建ち危険と隣り合わせの状態が日常化している。昔の古地図を見たことがあった。
ここ大阪の話だ。私の子供の頃には今の住之江区は無かった。
埋め立てが進んで海が埋め立てられて工場地帯になりそこに町が出来た。そして人口の増加に伴ってマンションが多く建ち街は発展していった。しかしそこは嘗ては海だった場所、ひとたび大雨が降れば一級河川からの増水で水浸しになってしまう危険があった。それでも人は住み続け今に至る。其れよりも昔は大阪の中心部を走る上町台地なるものがあって、そこを頂上に西に東に傾斜になっている。大阪を知っている方ならわかるが丁度馬の背のような地形だ。
それならその馬の背が安全かと言えばそうではない。そこには大きな断層帯が走っているからだ。
今回の災害で日頃からの備えは大事なことは分った。そしてそれ以上に意識を持つことの大事さがよく分かった。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ