2018年08月21日

そやったか? いやそやったで・・・

今度の日曜日に中学校の同窓会がある。50年ぶりくらいだろうか。一学年4クラスだったがもう担任の先生もお亡くなりになっただろう。どこかのクラスが言い出しになって、それなら全学年でしようと言うことになったらしい。もう定年退職をしている奴もいれば、未だ現役で頑張っている奴もいる。仲の良い連中は時々あったりはするがここに登場する奴らはその同級生の奴らだ。
今度の同窓会どうする?って聞いたら、集まっても会いたい奴ってそんなに居ないやろと言う始末。でもコレを逃せば次はいつになるか分らんぞともいう奴。なるほどそうかと思って仕舞った。
結局は時間の空いている奴が行ってみようとなった。
私を含めて時間の空いている奴が居なかったので、それならそれで俺たちだけで「プレ同窓会」をしようと言うことになった。
プレ同窓会なんかいつもやっている連中で何ら珍しい顔ぶれでもなく、話す内容もくだらんバカ話ばかりだ。誰か新しい顔を入れようかと話は直ぐに纏まった。そしたら誰が新しい顔を探すんやと言う話になった。オマエが行け、いやオマエの方が地元で顔が知れてると中々話がまとまらない。
結局は今回の代表幹事と良く知っている奴が全体の出欠のハガキの中から同じクラスの分をチョイスして何人かに声をかけることになった。そこまでは先月初めに話し合った。そしてその答えを先日会った時にどうなったかを聞いた。しかし中々集められたハガキの中にも自分が何組だったかも忘れた奴が沢山いた。そう言えばいつも集まっている我々の仲間も同じクラスの奴ばかりではない。
近所の仲間もいるしその連れもいる。地元で商売をしている奴が中心だったりして、そこの集まる奴もいる。まぁ女の子はその中には入っていないがオッサンばかりの飲み仲間だ。
誰かが女の子を呼べと言ったが(正しくは昔は女の子)今やオバはんを呼んでどうするねん、という声にかき消され、やっぱり気心の知れた奴らで十分と言う結論に達した。中に同級生同士で結婚したのが居るので若干ではあるが女子の動向は分っていた。
しかしこの歳になっても旧姓のままな奴が居て独身なのか、×が付いて旧姓に戻ったのかは分らないのが何人か居る。誰が聞くんやでまたまた話は紛糾。結局はプレ同窓会はいつものうだうだの飲み会に吸収されることになった。最後に誰かがこう言った。
「我々のクラスの同窓会の役員は何をしとるんや」だと。そやそや、皆が言い出したが最後に私の方を一斉に見てこう言った。
「オマエやったな、ウチのクラスの同窓会の役員は」
「そやったか?」

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ