2018年12月20日

そう思いたいものだ

今年の流行言葉の中に「煽り運転」と言うのがある。
コレは最近問題になっている危険運転の事だ。後ろから執拗に前の車を追いかけ、ただ抜いて行くだけなら煽り運転にはならないのかもしれないが、追い越し車線から走行車線へと移ってもしつこくその車を追廻、「オラオラ、俺様のお通りだ」的に運転することを意味するものだ。毎日通勤に使っている車がいつの間にか凶器に変わる。そんな危険は誰しも持っていることになる。そもそも時間を急ぐのであればそこまで飛ばさなくても余裕を持っていればよいのに、運転手は何かサーキットでもやっている錯覚に陥っているようだ。私の連れには結構車好きが多い。スポーツタイプの好きな奴、カスタマイズされた車が好きな奴、様々な奴が居るが一応皆に共通な認識があるようだ。それは「早い車と値段が高い車には道を譲る」と言うものだ。追い越し車線を走っていてもミラーに早い車が来たら自ずと左に避ける、高そうな車が来ても同じく左に避ける。それをしないとそれらの車は煽るつもりは無くても追い越し車線を走って行く。だから自然に煽られていることになる。
またそう言った車の特徴もある。それはそれらの車のナンバープレートだ。皆がそうとは言わないが拘りのあるナンバープレートの車が多いように思う。人気のナンバープレートの車が結構多いようにも思える。一桁のナンバープレート、ゾロ目のナンバープレート、そんな車が結構なスピードを出している。あくまで私個人の感想だが。そんなに拘りを持った人は勿論、車も大事にする。ピカピカに磨いたり、格好の良いエアロパーツを装着したり、汚れた車に乗っているのを見たことが無い。洗車も機械を通さず手洗いでしたり、中には車の中にスリッパがあったり、私の連れの中には究極の奴が居るがそれはガレージの中で車に毎回シーツをかける奴だ。
エンジンを止めても床にある微塵を巻き上げたら車に付いて塗装が汚れると言った強者だ。
来年もこんな運転をする馬鹿者もまだ居ると思うが、「そんなに急いで何処へ行く」と心に思えば少しは減ることになるのだろうか。そう思いたい。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ