2019年01月23日

こういうことだったのか・・・

昨日で丸三日、食事を摂って居ない。
断食で3日食べないことはあっても、体調を崩してのコレはシャレにならない。意思を持って食べないのと、食べたくても食べれないのとは大きな違いがある。
断食の時は考える事と言ったら「食べること」「コレが終わったら何が食べたい」「アレも食べたい」しかし今は「食べる気も起こらない」体調不良で。でも結果、体重は少しづつではあるが減ってきている。ここからが問題で意識しての痩せはリバウンドを気にしなくて済むが、病気が治れば普通に食べていてもリバウンドすることになる。何故だろう?それは『意識の問題』なのだと思う。
食事に意識?簡単に言えば食事を皆さん無意識に食べていると言うこと。断食の指導されているお坊さん曰く、一回の食事を意識して食べると無茶な食事の摂り方はしないとか。そう言えば今まで何十回と断食に参加したが明けの食事が大事とも書いてきたが、食事に意識を入れたことなどなかった。そうか『意識』かそこではたと気が付いた。今までやって来たのは簡単に言えば「味噌汁を作って最後に味噌を入れ忘れたようなものだ」と。
一番肝心なことをやり忘れていたのに何十回目にして気づかされるとは。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ