2019年01月29日

今の現状と言えば・・・

1月も終わろうとしている。
正月明けからやっと落ち着いて仕事が出得切ると思っていたら案の定好事魔多しとは今の私の事だ。
インフルエンザでは無かったが先先週末の土曜日に昼飯を食べていていつものように同じ店の同じメニュー。しかし最後まで食べきれなかった。マスターに「先生、体調大丈夫ですか?」と言われた。
毎週、そこのパスタセットかピザセットを食べるのだがやはり体調が悪いと食いつきが悪かったのだろう、マスターに心配された。
帰ってからも夕食もあまり食欲がなく(普段はまず無い)早い目に風呂に入って休むことにした。夜中に寒気がして悪寒戦慄が走った。「やばい」と思っていたらみるみるうちに悪い方の膝の関節が腫れだした。
私の場合、風邪など熱が出たら喉や鼻に来る前に悪いところに変化が出る。それが膝だった。鼠径リンパも腫れだしたから家にあった抗生物質と消炎剤を飲んだがそれでも効かなかった。歩けなくなる前にガレージに置いてあった松葉杖を部屋に持ち込んで寝た。いや寝ようとしたがブルブルが止まらなく室温を30度にしても振るえは収まらない。明け方までコレが続いた。そして日曜日に早速病院に出かけた。痛い足を我慢して車を運転するのは危険承知で高速を飛ばした。
点滴を2本してもらったが一向にひかない足の痛み。そりゃすぐには効かないと思っていたがしないよりは今までの経験上無理は絶対に禁物。あれから1週間、先週は患者さんの数を制限してもらい何とか切り抜けることが出来た。良く知っている患者さんからは「先生またですか」との労わり?の声をかけてもらい、初めての患者さんには「どうされたんですか?」の質問にも答え、何とか乗り切れた。痛みは大分治まったが腫れがまだひかない。
何が不自由かと言えば、今までパッと出来たことが出来ないイライラ。机まで5メーターもかからずに行けるのが行けない。
両松葉杖だからカルテを持って動き回ることも不自由。今まで当たり前にしていたことが当たり前に出来ないと言うことが何より不自由だ。多分先週は一日200歩も歩いていないと思う。キャスター付きの椅子に座ってくるりと回ってカルテを書いて受付まで持って行く。慣れれば何ということは無い。ただトイレが困りものだった。入り口の横がトイレが歩く距離は無いが歩けない。いくらキャスター付きの椅子も段差があれば行けない。その距離だけが一日の歩数になった。しかし今はやっと松葉杖でも早足で歩ける、しかしもし扱けたりしたら何もならない。早く元の状態に戻さねば。
あと1週間くらいかかるだろうが、節分までには何とかなりそうだ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ