2019年02月01日

何とかならないのか・・・

2月が始まった、今月は28日しかない、その上祝日も一日ある。
どうしてこうも休みが多いのか、働き方改革何て言葉が躍っているが、仕事をしている者にとっては休みが増えた方が良いと喜んでいる方が居る反面、こう休みが多いと売り上げが上がらないとお嘆きの方もいる。休んでも給料が変わらない方はそれで良いかもしれないが休めば収入が減る方にとっては死活問題だと思う。
最近、我々の業界も土日祝日の診療をしている所も出てきた。
経営者は実際に働かないので従業員のシフトさえしっかりしていたらしれで良いかもしれないが、もう一つこんな医院も出てきた。
それは昼休み無しと言うところだ。休憩は昼食は順番に患者さんの空いた時間に取るらしい。よく患者さんから言われることにこんなのがある。それは医院側と自分の昼休みの時間が同じで行けませんと言うことだ。1時から2時までが医院の休憩時間、その人の会社の休憩時間も1時から2時まで、こうなると仕事が終わる時間に来てもらうしか無い。でも仕事が終わる時間も医院側と同じなら、有給でも取って来ないといけなくなってしまう。
そんな患者さんには昼休みの無い診療所は都合がよいかもしれない。あちらを立てればこちらが立たない、双方上手くいく方法は中々無いようだ。
患者さんが多くて待ち時間のある所も困ったものだ。余裕を持って行っても予約時間の前から待っていても、前の患者さんが長引いて時間がおす場合もある。歯科医院はほぼ予約制、しかし内科や外科やその他の診療所は来た順で診て貰えるがそこも待ち時間に差がある。ある整形外科は3時なら3時の患者さんが10名位いるとか、そして言った順に呼ばれて診察室に入って行く。皆自分が3時と思っているが何人も3時の患者さんが居ることは知らない。
だからあの人は私が来た時に居るから私より早くよばれるはずだ。あの人が呼ばれたからそろそろ私の番か。そう思っているかもしれない。そんなこんなが今我々が直面している問題の一つか。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ