2019年02月06日

こんな事もあったなぁ・・・

昨夜からの雨は午前中降り続くらしい。
久しぶりの雨で乾燥注意報も一安心、連日火事のニュースで一安心だろう。しかし乾燥しているだけで火災は起きない。そこは人が不注意で寝タバコや火の不始末やらを起こすからである。
ちょっと前だが近所で不審火が相次いだ。火の気のない所から火が出る、夜中に古新聞や段ボールを家の前に出していて付け火をされるから回覧板で夜中に出すのは止めましょう、朝に出してくださいとの案内が出された。今の様に曜日によって出すゴミを分けられる、これはこれで回収する方には便利だがマンションなどは独自で業者に回収をお願いしているところも多い。我が家は交差点の角にあるあとの3角は全てマンション、それもバスがUターンできるほどだから結構広めの交差点。信号は勿論ついているが家の前の道は一方通行、後の3つは一方通行ではない。その3つのマンションは夜中と明け方に回収業者のパッカー車がゴミ収集にやって来る。
そのたびに音で目が覚める。最近は慣れては来たがそれでも真夜中などは結構な音がする。
毎日、業者が取りに来るからそこは分別する必要が無いみたいだ。
偶に、夜中に帰って来た時にそのマンションのゴミ箱にマンションの住民では無い人がゴミを捨てに来る。何故か、マンションの人ならマンションに帰るはずである。その人は我が家の3軒隣の人だからだ。まぁ他所さんの所の事だからとやかく言うことでも無いと思うが非常識であるのは間違いが無い。どうしたらそんな事が平気で出来るんだろうか不思議でならない。自分家で出せば何の問題も無いのに態々そのゴミを持ってマンションのゴミ箱に捨てに来るとは。私が車をガレージに入れようとして見つかったと思って急ぎ足で自宅に帰られたがしっかり見られたと分ったのだろう、気まずそうにしていたのを思い出す。一度着いたイメージは中々頭からは消えない。その人に会うたびに他所にゴミを捨てる人という思いが私の頭の中から消えて行かなかった。どこで誰が見ているか分らないので人のふり見て我がふり直せだと思うようになった。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ