2019年02月19日

決め台詞って大事なことです・・・

今朝は久々の雨、結構しっかりと降っている。
最近嵌っているのにここでも紹介したと思うが「ハンバーガー」である。ハンバーガーと言えば大手のチェーン店のを私はハンバーガーだと思い込んでいた。まぁそこのしか食べたことが無かったからそれをハンバーガーだと思うしか無かったと言うのが本音だ。
しかしこのハンバーガーと言う食べ物は奥が深いと言うか、その店その店で大きく違う。パテもそうだがバンズにも拘りを持っていてその上かけるソースもいろんな種類があってどれもこれもかけて見たくなる。元々チーズ嫌いな私はビックマックもチーズ抜きだし、パスタのカルボナーラも最後に降りかける粉チーズがかかっていたら食べない。一度、あるパスタ屋さんで「振りかける粉チーズは抜きで」と注文したにもかかわらず振りかけてあったので即、作り直してもらったことがあった。ただとろけるチーズは何とか食べれるが固形の食感がダメだし粉チーズのあの匂いがダメである。
話は脱線したがそのハンバーガー屋さんにも折角の自慢のチーズバーガーをお薦めされたが残念ながらチーズがダメと言って普通のハンバーガーを頂いた。店主の方が残念そうにしていたがお客の注文とあれば仕方がない。折角美味しいのにと連れに言われたが、こちらも頑として初心を貫いた。だから変なオヤジと思われたのだろう、二度目の訪問時には他のを頼んだが「チーズ抜きにしましょうか?」とこちらの好みを覚えていてくれた。流石商売人!
何だかんだで、お気に入りのお店を見つけたら私は間髪入れずに1週間以内にもう一度か二度は伺うことにしている。
そうすることでこちらの事を覚えていてもらえると言う利点もある。そうしていくつかの常連さんにしてもらっているお店もある。
そして何人か他のお客を紹介することでこちらへの印象も深くなり「お客さんを紹介していただいてありがとうございます」と言ってくれる。そうすれば必ずこう言い返す。「こんな美味しいものをもっとみんなに紹介しなければ」コレが決め台詞。そうすればしめたもの。絶対に上客になること請け合いです。
今までこれで何度も美味しい思いをさせて貰っているから、、皆さんも一度やってみてはいかがでしょうか。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ