2019年02月22日

人生、生きているだけで丸儲け

最近、某タレントさんが舌癌を公表して話題になっている。
その前はスポーツ選手が白血病の告白で話題になっていた。
最近の傾向なのか病名を公表して同じ病気で苦しんでいる患者さんに勇気と希望を与えているのだろう。
私が大学病院で助手をしていた頃はこれらの病気はなるべくなら知られたくないと思うのが主流だった。同じく大学病院で着ぐるみに包まれて来る赤ちゃんはほぼ唇裂、口蓋裂の赤ちゃんが多かった。親としては居た堪れない気持ちだろうと思う。
昔はマイノリティなことはなるべく知られずに済むように生活して来たり、しかし最近の傾向なのかそう言った方々も「個性」だと割り切ってか堂々と公表されてきている傾向があるように思う。
これだけ堂々と公表されれば確かに陰でこそこそ言うよりはましだとは思うが、それでもまだまだ肩身の狭い思いをされている方々が多いと思ってしまう。
確かに人間一人一人違うし、それこそが個性だと思うが性格だったり生まれつきだったりしてその本人がどの様に割り切れるかが問題だと思う。
背が高くなりたい、そう思っている背の低い人がいるかと思えば逆に背が高いばかりに物珍しそうに見られるのが嫌だと言う背の高い人の悩みもある。
見た目は大事だと思っていてもガリガリで痩せていることにコンプレックスを感じている人もいれば、これも逆に太っているからと言う理由で細い人を羨ましく思っている人もいる。皆、無いもの強請りだ。
そんな事は人生に置いて大事なことだろうか?太っていようが痩せていようが、背が高かろうが低かろうが一時期メンタル面ではコンプレックスに感じるであろうが大きな病気を抱えている人からすれば「何がコンプレックスなものか生きているだけマシではないか」と思われているような気がしてならない。
誰かの芸能人が言っていた言葉を思い出した。それは
「人生、生きているだけで丸儲け」そんな言葉を思い出した。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ