2019年03月01日

偶にはチェックしてくださいね 御同業

いよいよ3月が始まった。
あっという間の二ヶ月だった。よく一雨ごとに暖かくなると言うが一雨ごとにスギ花粉が飛び始める季節になったということだ。
目の痒みより先にくしゃみ、鼻水だろう。
先週、廃冠の回収の業者がやって来た。その時の話だが、今我々が扱っているクラウンやインレーに使用している金属のパラジウムが異常に高騰しているらしい。今までは当医院も技工所にパラジウムを渡して使用してもらっていたが、いちいち値段を気にして業者から買うのが面倒になって技工所のパラジウムを使用してもらってからこちらで買う必要が無くなって相場と言うものを考えなくなった。
今までならあり得ないことだがそのパラジウムと金がほぼ同じ値段になったとか。嘘だろう?と一瞬思ったが歯科医の皆さん知っていましたか最近の金属の高騰を。そしてプラチナの値段も金の方が高くなっていることを。一瞬ではあるがその金よりパラジウムの方が高くなったことも。昔なら「あり得ない」事だが何故かこんな状態になっているんだそうです。
確かに一般の人には金属の値段なんか知る必要もないし、(投機目的なら別だが)手にすることも無い。しかし我々は日常それらの金属を仕事でよく使う。そう言えば技工所の支払いの時の明細を見て驚いた。患者数の減少で技工料が減っていたので気が付かなかったがその月の支払額にあまり変化はなかった。それは本来支払額が下がらないとおかしいはずだった。が、そんなに変わらなかったのは金属の値段が大きく上がったからだったのか。若干の多い少ないは月ごとにあるがそれで気が付かなかった。
確かに確定申告の時に一年間の技工料を調べてみても確かに支払いの額は変わらないのに個数はぐっと減っていた。
そんなところにも目を見張らないとは。偶々チェックしていたから分ったまでだが。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ