2019年03月15日

時代の変化かそれとも・・・

最近は趣味の熱帯魚の話が多くなってきました。ご容赦下され。
何事にも深く、狭くがモットーの私は中途半端が大嫌いな性格で
しかも人にあれこれ言われるのも大嫌い、だから自分がこうと決めたら何があっても、例えカラスは白いと言われれば黒いカラスまで白くしてしまうくらいの変人だと言うことは自覚しています。
一生懸命という言葉も何故か???が付くようで、好きなことに拘りを持つと言うことは当たり前だしそれを人がどう言おうと人は人、自分は自分なんだと思う勝手な性格。良い時もあれば悪い時もある。
ある総会での話、いつも殆どシャンシャン総会が行われるのに疑問を持ってしまうとつい資料などをくまなく読んでおかしなところを指摘してしまう。納得がいかないことにはとことん追求してしまう実に厄介な性格。だから本来なら出席するはずの総会を先輩のひと言で欠席してしまったりする。総会よりも先輩の意見を優先してしまったために。
先日、高校の出身者の歯科医の集まりがあると言う案内が来た。
私が大学に入った時に最初に作った会も段々と会員が増えて来ると参加者も来る人が限られて来ない人は来ない、来る人は来る。と二極化が進んでいつの間にか懇親会のようになってしまった。
本来はそれでもいいのだが、本来の目的は同じ高校の出身者の親睦および親交の意味もあった。大学病院に残った時も幹事を任されて名簿も作ったが時代の流れか我々の時代は先輩後輩がハッキリとしていて今の若い子たちにはなかなか受け入れられなかったのかいつの間にか中断してしまっていた。
最近の子たちは集団よりも個を優先する傾向があると言われている。我々の時代誰かとつるんで遊んだ記憶があるが最近の子たちはパソコンが、スマホが遊び相手だそうで個人個人が自分で過ごす時間を大事にするせいか集団と言う概念が余りないらしい。
確かに開業すれば誰を頼りにすると言うよりは自分で何でも決めて解決していかなければならない。同窓会も支部も所詮は助けてくれないと決め込んでいるとか。自分の身は自分で守るそう言った雰囲気があるらしい。今の会社も社会もそうだと信じている。
しかし我々の世代はそうでは無い。自分あっての自分より人あっての自分と言う考え方が多いと思う。それが良いか悪いかはこれから先に分る様な気がしてならない。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ