2019年04月26日

今回は稼ぎ時だそうだ・・・

明日から10連休の方もいらっしゃることでしょう。私は明日が最後の仕事、午前中だけだが、それでも目いっぱいの予約が入っている。休み前に診て貰おうの患者さんと以前からの予約の患者さん、また絶対に飛び込みの患者さんもある。土曜日は一人だから診療中は電話にも出れない。しかし今回の大型連休は前半後半に分けるかしないと逆に長すぎてどうして過ごしたらいいのか分らない人も多いと思う。
ワーカホリックな日本人は外国の人のように長期休暇などしたためしがないから戸惑うこと仕切だ。どこに行くにも高速道路は渋滞、近隣の観光地は人で一杯、そんな中予定など立てれるはずがない。この機会に身体のケアをしようとマッサージ屋に予約の電話を入れてみた。なかなか繋がらない、やっと繋がったと思ったら先のお客で満杯になっただと。また違う店に電話を入れたらそこは連休中ずっと研修旅行で留守だとか。仕方がないので予約を諦めて行きつけでない店を探そうと思う。
日常と違うことをしようと思っても出来ない性格。へんこな性格ゆえルーティンが違えば何もできない。昨日来られた鮨屋の大将、連休は忙しくてどうしようかとの話。
よい話ではないか、この不況のご時世、「そんなこと言っては罰が当たるぞ」と脅かしては見たが、通常な忙しさではないみたい。正月休みも海外からのインバウンド客でてんてこ舞いだったそうだ。カウンターの鮨屋ならではの注文の仕方が外人さんには分らない。回る寿司なら気に入ったのを取ればよいがメニューが読めないだから外人さんように写真入りのメニューを置いてみた。すると「コレは何?」
「どんな魚?」質問が半端ないみたいで店員に外国の人を置いたとか。
韓国、中国、東南アジア、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパといろんな国からの観光客で何ヵ国語かが飛び交っている。今は便利なものでスマホで会話が出来るそんな中お客さん同士で情報の交換をしている。コレは何々、それは何々と。
でも共通して言える事が日本人は静かに食べるが外国に人はワイワイガヤガヤ楽しそうに食べるとか。醤油にたっぷり酢飯をつける人、わさびが苦手でわさび抜きで注文する人。ガリが気に入ってただだと分ればお代りまでする人。
私が行っても食べれるものが決まっていて食べたらすぐに出るからいつも大将にこう言われる。「先生、もっと値の張るもの食べてよ」だと。だからいつもこう言い返す。「だったらオレでも食べれるものを置いてよ」。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ