2019年05月17日

何処かで連鎖を断ち切れないのか・・・

暑い、朝あからもうすでにエアコンがガンガン効いている部屋にいる。
5月半ばにこの調子だと先が思いやられる。
最近、悲惨な交通事故のニュースが毎日のように報道されているが、他人ごとではない。昨日の帰りにいつもの時間にいつもの道を通っていたら大きな交差点で私は前から2台目を走っていた。対向車が右折レーンに入って来ていたから当然右折の為にとまると思っていた。がしかしであるそのままブレーキも掛けずに右折して来たではないか。前の車が咄嗟に急ブレーキをかけたから衝突は避けられたけれどそのままその右折車は行ってしまった。運転手は年寄りのお婆さんだったように思う。横におじいさんが乗っていたからはっきりと覚えているが私が2台目だったから助かったが、先頭を走っていたら避けれたかどうかだ。自分の事しか考えないのか、考えられないのか分らないがあの運転は絶対にいつかどこかで事故ると思った。自分が怪我をするだけなら自業自得で済まされるが、相手を巻き込んでの事故はたまったものではない。
都会では交通機関が発達していてバスもタクシーも電車もあって便利だと言えば便利だ。しかし田舎では足として自家用車が用をなす。運転しないと生活できない。
同級生はもうすべて還暦を超えている。その親は当然80歳を超えている。中には連れの親父さんは93歳まで車に乗っていたが周りの忠告?があって運転免許所の返還をしたと言っていた。それで家族はホッとしていたと言っているが、その分買い物や病院へは家族の誰かが運転手を務めないといけないとか。でも事故るよりはましだ。自分が事故るのは仕方がないとして、撒きこんでの事故は自分や家族まで不幸にしてしまう。安全運転は勿論なのだが高齢者に優しい社会になってもらわねば。
咄嗟の判断も段々と鈍くなってきているはず、いったい幾つになったら私も免許証の返還をするか考えないといけなくなってしまった。
今日も又いろんなニュースが飛び込んでくるだろうが、車の事故は連鎖すると言うでは無いか。もうどこかで切れて欲しいと切に願う。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ