2019年10月11日

どっちやねん・・・

一昨日、いつもは携帯の充電をして眠りについていたが、何らかの原因で携帯の充電が十分に出来ず朝そのまま持って出た。そして普段通りメールのチェックをしようと思って画面を見たら残量が10%しかなかった。これでは1時間も持たない。
案の定10時頃には充電が切れて携帯電話が使えなくなった。
慌てた、そりゃ今の携帯には相手の電話番号も入っていて開くこともできない。
まぁ普段は私の携帯に電話をかけて来る奴と言ったら数名あるかないか、でもこちらからかける相手の電話番号もこの中に記憶させている。全く故障ではないがただただ充電で来て居ないだけだが、それでもどれだけ携帯電話に日常の生活が浸食されているかだ。
私は音楽も聞かないし、ゲームもしない。専らニュースを見たり調べ物をする位だ。
だけど相手に電話をかけるのもほぼ昔の様によくかける相手の番号を覚えることも無くなった。学生の頃、お付き合いをしていた彼女の電話番号なんか忘れようとしても忘れられないほど毎日のようにかけていたが何がどうしたのか、間違って自宅にかけてしまった。それも公衆電話から。その時偶々親父がいて「もしもし」電話をかけたら親父が「何や、今お前家に居ったんと違うのか?」と言われて焦って電話を切ったのを思い出した。家に帰って親父から「オマエ何処に電話かけてるんや」と言われて変な汗が出ていた。そんな時代から今や各自が1台や2台、人によっては3台くらいの携帯を持ち歩いている。代診の先生などスマホ2台とガラケー1台を上手に使いこなしている。そんなに要るのかと思って聞いたが何でも「仕事用」「プライベート用」「その他」だとか。いろいろと説明をされて何となく納得はしたが気になることが出てきた。私の携帯は何処に分類されているのだろうか?今、私の机の前にその3台の携帯が並んでいる。代診の先生が診療中に一度鳴らしてみたい衝動にかられた。そして私の携帯を鳴らした。さてどれが鳴るのか、
マナーモードにされているし裏返しに画面を下にしておいてあるので分らなかったが、私が電話をかけた時に同時に2台の携帯が振動した。オイオイどっちやねん、
2台のスマホがタイミングよく同時に振動した。その後私も診療に入ったので最後まで聞くのを忘れてしまった。いったい私のはどっちやねん。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ