2019年11月05日

「まず 動いてくれ」コレって心の叫びだと思った

今回、3連休の方もいらっしゃったと思います。
昨夜連れからのメールが来ました。「オマエの所のガレージの中にいらんキャンプ用品無いか?」と言う内容でした。いきなりだったので「何や急に」と返しました。
何でもこの3連休に長野県の方にボランティアに行っていたとか。何、ボランティア?
連れの中でも全くボランティアに縁の無い奴が行ったことにも驚いたんですが、使わなくなったキャンプ用品?何やそれって感じでした。何でも嫁さんの実家が今回の台風の影響で被害があってその手伝いに言っていたそうです。テレビや新聞でしか知ることが無い私には現地に行って何が今必要なのかを連れが伝えてくれました。
土日や祝日は沢山のボランティアが来てくれるが平日は年寄りだけの村には重機も入れず何もできないとの事。もっと多くの人に知らせて欲しいと言っていました。
何が一番と言えばそりゃお金でしょう。でもお金が大事なのは分っているが今一番欲しいものは人手だそうです。
屋根が壊れたり、雨漏りが酷くてブルーシートを張っても高齢者だけでは出来ない家も沢山あるそうです。濡れた畳なんかは大人が二人係でも持ち上げられないとか。
今回のワールドカップのラグビー選手もボランティアに来て居たとかニュースで見ましたが彼らですら4人くらいで畳を運ぶ姿に一般の人にそんな事が出来ようはずはありません。
これから冬がやって来て雪に覆われるこの地域にも一刻も早く会後片付けが出来ることを祈るばかりです。
他の連れにも同じようなメールが来て居たとか。募金はしたがいったいそんなに必要な物資をどのように、何処に送ればいいのかは分りません。
今回の連れの様に今現状必要としているものを一刻も早く何処にどうして送ればいいのか知らせてくれた事で少しは何かお役に立てたらと思った次第です。
私も早速でしたが夜中に同様のメールを何人かに送りました。はたして今日何人からどんな返信が来るのか、いろんな人々の助けが必要なのは言うまでもありません。今朝一番にその連れから来たメールは「ありがとう」では無くてこうでした。
「まず 動いてくれ」でした。ココからも如何に緊急性であるかが分りました。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ