2019年11月29日

反省しております・・・

今朝はこの冬一番の冷え込みだった。
いつものように6時前には家を出るので車のエンジンがまだ温まっていない。
昔の車は少し待ってエンジンを温めてから出ないと調子が出ない車が多かったが最近のはそんな事をしなくても出足は好調。
まだライトを付けて走っているがマフラーから出る煙?は排気は白煙を帯びている。
それだけ気温が下がっていると言うことだろう。
診療所に着いて準備をしているといきなり電話が鳴った。診療所には何処からかかって来たかの着歴が出る。知らない番号だった。患者さんかと思って取ったら切れた。
またかかって来ると思っていたら5分ほどしたらかかって来た。今度は取ったら、
お隣さんからだった。
「お兄ちゃん、早くからゴメンね」
「どうしました?」
「シャッターが半分開いたままになっているよ」
「すみません、途中で止まったみたいで」
「閉めとこか」
「お願いします」
そんな会話だった。多分、出てシャッターを閉める時に何かで誤作動をして途中で止まったみたいだった。これで3回目。お隣さんは7時過ぎに近所の公園まで健康のために散歩に行かれる。勿論その時間ならもうすでに診療所には着いている。
また電話がかかって来た。
「お兄ちゃん、シャッターの締め方が分らへえん」
「シャッターの開閉のスイッチが横についていませんか?」
「何やら鍵がかかってるわ」
「鍵???」
「○○さんそれって南側のシャッターですか?」
「そうよ、南側」
「すみません、そしたら家人が出て閉めるのが中途半端になっているんですね」
我が家は角地で南側と東側にシャッターがある。
私も同じようにシャッターが中途半端に閉まった時もお隣さんに知らせてもらった。昔は南側は木戸のガレージだったが家人も高齢になり用心のためにセコムを入れた。その時に電動シャッターに入れ替えて貰った。
まぁガレージの中には金目のものは無い。あるのは備蓄している買い置きの水とキャンプ用品や釣道具類。そしてタイヤやホイール類。まさか開きっ放しで取られてもしれてはいるが以前に猫が入りこんでガレージの中で子供を産んだ。
そうなると又家人は煩く言うはずだ。空き巣や泥棒も嫌だがなにより堪えるのは家人のウダウダだ、お隣さんには重々お礼の電話で失礼してちゃんとシャッターが閉まるのを待って家を出るようにしよう。これまた失礼・・・

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ