2020年01月15日

今日はどんど焼きだ

今日は1月15日、昔で言えば成人式。1月の第二月曜日に変更されたが我々世代には15日が成人の日と言う考え方が頭から抜けない。
そして15日はどんど焼きだ。コレは正月飾りの注連縄や門松をお迎えした歳神をお見送りする行事だ。
しかし最近は除夜の鐘すら煩いとかどんど焼きの煙が火事と間違うからとか、昔の大事な行事がことごとく文句を言われることが多くなった。
除夜の鐘の108は煩悩の数と言われお正月を迎えるのになくてはならないもののはずが、最近ではこんな所にもイチャモンが付くらしい。
最近の住宅事情か知らないが、元々そこにお寺があってそのことが分ってそこに家を建てたのなら文句を言う筋合いではないと思うが。確かにどんどの方は街中では難しいものもあるとは思うが何も一日中焚いているわけでもあるまい。
少数派の意見が如何にも正義とばかりまかり通る世の中になってしまった。
これからの時代、昔の風習などくそくらえなのか?私はそれは間違っているように思えてならない。その人は正月に神社仏閣にお参りはしないのか?クリスマスを祝うこともしないのか?何もかも自分が気に入らないことは声を挙げれば何でも聞いてくれるのか?それはおかしい。自分の正義が皆の正義とは限らない。世知辛い世の中になってしまったと嘆くのは歳をとったせいなのか。
こんな人たちに送る言葉を紹介しよう。
『些細なことへの感謝は忘れない、些細な不愉快は気にしない』
例えこんな考えの人が1%いやもっと少なくても今やこの意見がまかり通る世の中にはなって欲しくない。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ