2020年02月10日

どこが不景気なんや・・・

今朝は一段と寒い朝だった。寒いと言うより冷たい朝と言う方が当たっているみたいだ。
昨日連れが車を乗り替えると言うのでディーラーに行って来た。営業マンはもう何年も担当してくれている人、何かあるごとに「そろそろどうでしょうか?」のメッセージをくれる人だ。嘗て某外車のディラーの人は親父に車を売るのに丸4年かかった。新人さんで初めて飛び込み営業をしたのがうちで、何とか最初はあしらっていたが最後は根負けしてその車を買った経緯がある。今ではそのメーカーの役員さんになっていた。その人の口説きのセリフが「車を買って頂きたいのですが、車は完ぺきなのですが営業の私がまだ完ぺきではありません、もしよろしければ車もそうですが、私を買ってください」こんな口説き文句だったように思う。何かにつけてイベントがあれば今やDMを送ってくれるのが当たり前になっているがその人は必ず手渡しでわざわざ持って来てくれる。それを続ける事4年、どんどん新車が出るたびに売れるかどうかわからないパンフレットを持参して話をしてくれていた。そして最後は根負けをしたのか「ここまでよく我慢したなぁ、仕方がないあんたの言う車買うわ」と値段も車種も親父は決めずにその営業マンの薦める車を買った。親父も親父なら営業マンも営業マンだ。しかしそんなことがあって向こうもこちらを、こちらも向こうを信頼関係は盤石なものになって行った。
話は飛んでしまったが、昨日は連れが欲しい欲しいで毎回、車の話をするたびにこの車の話が出て来る。私なら冷静に考えて一日寝てそれでも欲しいと思ったら買う方向で考えるが連れは「欲しい」「いくら」「いつ納車」だけで即決。
横で聞いていてハラハラドキドキ。結局は買ってしまった。
今契約をすると3月末までには納車できると言う話で、新年度から新しい車で気分も一新して働けるとか。ローンの話や保険の話やそんなのは後回し。
私がトイレに席を立った隙にもう契約書に後は判子を押すだけになっていた。
私も経験があるが契約して実際に納車されるまでが一番楽しい時間だ。
新車の匂いに独特の匂いがあって、おそらくは新車が来たら靴を脱がされてスリッパに、ベルトの尖ったところがあるのはNG,暫くは鬱陶しい話が出るだろう。
最後に連れに聞いてみた。「何年ローンで買ったんや?」と。
すると暫く考えてこう答えた。「ローンは金利が付くから現金で買うわ」だと。
暫くは開いた口がふさがらなかった。世の中にはお金持ちが沢山いると言うことか・・・

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ