2020年06月25日

火の元にはくれぐれもご注意ください

昨夜の夕食時にけたたましくサイレンの音がした。
交差点の角に我が家があるのでちょくちょくパトカーや救急車のサイレンを聞くことはある。しかし滅多に消防車の鐘の音がするサイレンを聞くことは稀だ。
その「ウ~~カンカン!」の音が聞こえたと思ったら段々と大きくなって我が家の前の交差点で鳴り止んだ。食事を作っていた手を止めて出て行ったら車庫の前に消防車が止まっていた。四つ角の内我が家以外がマンションと言うこともあってどこが火事かは見えなかったが、臭いがしていると言うことは近所のはずだ。5分も経たないうちに消防車、パトカー、救急車が10台くらいがあっという間に集結していた。すぐさま交差点から2方向に規制線が張られ交通をストップさせていた。何処にこれだけの人が居るのかというくらいに人が出てきてそれこそ密状態になってしまった。
一本南の筋の元歯科医院の跡地に建っている家の2階が火元だった。そこの住人は留守だったらしいがけが人は居なくて不幸中の幸いだった。
同級生の家の向かい側の家、後輩の家の真裏の家、両方とも無事でよかったが一つ間違えば大きな火災になっていたはずだ。
私が子供の頃はそこは歯医者さんの自宅兼診療所だったが院長先生が亡くなって診療所は廃院してしばらくそのままでいたが、診療所を取り壊した後に自宅を新築していた。小さなマンション位は建つ広さだったが大きな庭付の一戸建て住宅を建てられていた。ご近所では古い家はまだあるがそれを取り壊して何軒かの分譲住宅か小さなマンションを建てるのが多かった。昔の木造建築と言うよりは今はどこかで作って来てその場で組み立てると言う家が多いがそこの家は本格造りの家だった。
2階部分が火元だが完全に2階は焼けているからあれでは全焼に近い状態だった。
周りにマンションが多いがどれだけの人が居るかは分らないが今回の火事で多くに人が我が家の周りに住んでいるんだと言うことが分った。
昔、周りが暗くてマンションが建つ前はひったくりや痴漢がよく出没する治安が悪い?一部の場所があった。だからよく覆面パトが我が家の前で待機している時期があった。顔見知りになるとよく挨拶をしてくれる警官とそうでないのが居て、我が家の駐車場の前に停める時は私の車が返って来た時に直ぐに車を移動してくれていた。その時その警官から教えて貰ったことだが、ひったくりに逢ったら「ドロボー」とは言ってはダメで、「火事や」と叫べば多くに人が直ぐに出て来ると教えて貰ったことがある。本当にそうだと思う、ドロボーって叫べば誰でも注意して出てこないかもしれないが、火事やって叫べば誰だった直ぐに出て来る。理にかなった話だと思った。原因はまだ分らないが朝出る時にはそこの前にのみ規制線がまだ張られていてパトカーが一台止まっていた。きっと今晩にでも近所の事だからさぞかし正確な情報を聞けると思う。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ