2020年07月01日

早くも今年の半分が過ぎてしまった

今日は7月1日、今年ももう半分が過ぎてしまった。
本当は2020東京オリンピックまで後何日と言うカウントダウンや聖火リレーで国内が湧いていたはずだった。しかし今年初めに出た新型コロナウイルスの蔓延、世界中に拡散されて行ったことで今も中南米やアフリカの各国が躍起になっている中オリンピックどころでは無いだろう。はたして来年に延期されたオリンピックは開催されるのだろうか。ワクチンしだいだと言う人も居るが世界中に行き渡るのにどれだけ日時がかかることだろう。我が国が終息したとしても世界中が終息しないことには安全に開催されることはない。
思えば今年ほど早い半年が経ったことは無かったのではないか。日々感染者の数が増えつつある中厄介なことに日本でも第二波の影響が出てきている。
聞こえは良いが「夜の街関連」とか言っているが要は夜の飲み屋での感染だ。
飲み屋と言っても居酒屋ではない。ホストクラブやキャバクラの事だ。
言い方を変えたところでそこに行く連中は若者が多い。そしてマスクもせずに3密の真盛り。一時的な感染でもそれを持ち帰り家族や会社の同僚にうつればれっきとしたクラスターになることは間違いない。地域性もあろうが昼カラも問題になっている。
どうして我が国ははっきりと感染源が分っているのに規制をかけないのか。
もしも違っていたらとか、名誉棄損に当たるのではないかとか、ビクビクしている間にどんどん感染が広がって取り返しのつかないことになるではないか。
自粛ではなく規制をかけて店を閉めさせないとどれだけの人が迷惑を被るか。
規制をかければ保証をしなくてはいけない何て議論も出るだろうが、もしもそこに行って感染させられたと言うことがハッキリすれば賠償請求されかねない。
何に付けてもわが国の体制は遅すぎる。何処かの国の様に独裁政治がまかり通るところであればトップが「ココを閉鎖せよ」の号令一つで店も街も皆閉鎖させられる。これも怖いがコロナに感染するのも怖い。
後半年でこの騒動も幾らかはマシになると期待したいが第二波、第三波は必ずやって来る。その間に備えるべきものは出来るだけ備えておかないと。
もうすぐやって来る七夕様の飾りつけには多くの「コロナ退散」の文字が躍っているだろう。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ