2008年08月20日

目の前で

交通事故に直面しました。信号待ちをしていて黄色になって止まった車に後続の車が追突事故。目の当たりにして一瞬、時間が止まったような感じになりました。幸いにもたいした事故でもなかったからよかったものの、人身事故ならさあ大変ってところでした。
よく見ると前の車は他府県ナンバー、後ろの車は大阪ナンバー。やっぱり。大阪ルールを知らない他府県ナンバーの車はこういったときに事故るんですね。
残念な事に大阪の事故のいくつかはこういった黄色信号で止まった車の後ろからの追突、大阪の車なら黄色でも直進、後続車も直進。聞くところによると大阪独特の5秒ルールがあって信号が赤に変わっても3〜4秒はまだ横からの信号は青になっていないから計5秒はいける?というへんな思い込みの暗黙のルールが存在すると言う。そしてスタートもまだ赤のままなのにブレーキを徐々に緩めて2〜3メートル進んでしまう。横断歩道を渡っている人を威嚇するがごとくにである。一般車両ならこういった連中ばかりでもないが、タクシーまでも大阪ルールは存在する。地方の人がタクシーにのったらビックリするという。私の地方の友人がタクシーに乗ったときこういうタクシーだったそうで、運転手さんに急がなくてもいいですからって言ったら、そのタクシーの運転手さんはこういったそうです。今日はお客さんを乗せているからいつもよりずっとうっくり運転してまっせ。とか言っていたそうな。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ