2008年08月22日

お盆明けからフル回転

お盆休みのゆっくりとした生活から現実の生活リズムへとだんだんと変わってきました。本来あまりじっとしていられない性格なもので何かしらウロウロしたり片付けものをしたりして過ごしました。この休み中に急患で診た患者さんと携帯の番号を交換したからさあ大変。今朝も8時ごろに電話がなって(今、病院の前やけど、先生いつ来る?)はぁ、まだ家なんですけどって言ったら(そしたらここで待っとくは)プチ。
それから慌てて家を出ていつもは通らない高速道路を突っ走って診療所へ着いたとたん前の喫茶店のウインドウ越しに手を振るお方は当のご本人。(先生、いっしょにモーニング食べる?)いえいえ先に準備をしてきますからけっこうです。といってその場をあとにしました。何か困った事でもと思いきや朝、目覚ましにガムを食べてたら歯がとれたんやって。いったいとれそうな歯があったかと口の中を見てみると何の事はない仮に詰めていたのが外れただけじゃないですか。
それも今日の午前中のアポだったし。心の中では(何であと2〜3時間待てんのや。)と思いつつ、決して口には出せずはいはい修正しましたよ。って言うと
安心して帰っていきました。やれやれこれで今日は来ないと思っていたら今窓の下から手を振る御仁。
受付に聞いたら今から行くんやけど今日はあと何するん?はぁ、さっきもう治療したからないですと喉元まで来ていたのをグッと飲み込んで、じゃあ、次にすることをしましょうか?って言うと一言。もうじき昼ごはん食べるよって、味が変わるといけないからもうエエは。だと。食後、楊枝でイジラないでくださいねと十分お頼みして帰っていただきました。

Comment

葛根湯

サンダーバードさま、こんにちは。

いつも楽しく読ませていただいています。
患者の皆さまが、とってものびのびされていて、
サンダーバードさまのお人柄がほのぼのと伝わってきます。
色々???で大変ですが、お疲れでませんように。

2008.08.22 15:20:14

サンダーバード

葛根湯さまコメントありがとうございます。
院長先生といっても患者さんあっての院長先生なんですよ。
大きな病院の院長先生とは違って誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰る
いわば学校で言えば用務員さんみたいなもんです。それも田舎の。校長先生兼、先生兼、保健の先生兼、用務員さんみたいなものです。
私の体調なんて患者さんに喜んでいただけるだけですぐに元気になれるんで、患者さん皆さんからパワーをいただけて元気にさせてもらっているようなものです。

2008.08.22 17:49:18

ページの先頭へ