2008年08月25日

兵どもが夢のあと

賑やかに始まったオリンピックも昨日で終焉。
結果はみなさんもご存知のとおり、さて期待通りだったのか期待ハズレだったのか?毎回思うことがあります。メダルに届かないのにさもメダル圏内のように書き立てるマスコミ。今までニュースにもならなかったマイナーな競技。これは日本に限らずどこの国にもあります。期待が大きければ入賞しなければ落胆も大きい。日本で言えば野球、柔道、アメリカで言えば女子ソフトボール、中国では100ハードル。絶対と言われれば彼らのプレッシャーたるやものすごいものがあるに違いありません。ましてやスポンサーが付いていればなお更簡単に諦めたり辞めるわけにはいけません。でも今回話題になった100のボルト選手などは国家を挙げてジュニア時代から育成選手として国がサポートしているというではありませんか。またメダルに応じた報奨金制度のある国などは生涯にわたって面倒を見てくれると報じられてビックリするものもありました。奇しくも野球の星野監督もこのように言っていました。強いものが勝つんじゃなくて、勝ったものが強いんですって。ましてオリンピックに出ようという選手はギリギリのところで練習をし、ケガと隣り合わせのところでピークをこのオリンピックに持ってこようとしてうまくいけば拍手喝采。ダメならコケ落とし。でもたとえこの舞台で入賞どころか予選落ちの選手でも自己のベストを出して敗れた選手には私は惜しみない拍手を送りたいと思います。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ