2008年10月01日

ダイエットだ〜〜! 前編

先週から本格的なダイエットを開始しました。○○ダイエットやら、**ダイエットやらいろんなダイエットを試みました。友人からはダイエットおたく等ときつい励ましを頂き、それにもめげずランドセルを背負ったメタボおやじヨロシク日々挑戦を続けてまいりましたが、なんと今回は今のところ成功しつつ、体重計に乗ることがこんなに楽しいことだとは思っても見ませんでした。早くその方法を説明しろとのお叱りをものともせず、この感激に浸っております。あ〜幸せ!

ハイ、それではご報告いたしましょう。
実は本格的なダイエットはやっぱりちゃんとした病院へ行く事。 何だと思われたでしょう。でも一般ピーポーが生半可な気持ちでいろんな療法を試みたところでタカが知れてる。(失礼)栄養士、療法士、看護師
そしてドクターの協力の下ちゃんとした計画をたててそれを只管、実行する。何の疑いも持たない、すべてを預ける。あ〜なんと言う心地よい響き。これがダイエット、これこそがダイエット。そう究極のダイエット。 もういいですか、すみません。
なんか有頂天になってしまっている自分が怖いです。
それでも10日前には93キロあった体重が昨日30日には87キロ。じつに6キロ・・・6キロですぞ。
これを有頂天にならないでいつなったらいいんでしょう。(笑い)そして先日の日曜日にその病院にいつものように仕事に行き、なるべく看護師たちに顔を合わさずひたすら仕事に励み帰りに診察を受けるために診療室に入ったとたんの彼女たちの驚きたるや・・・
たかが5キロ、でも顔つきやら腹回りやらがちょっと変化しているのを見逃さなかったのにはさすが。
そこでこんな約束をしてしまいました。私が10キロ減になったら君たちにその10キロ分何か進呈しましょうと。言ってしまったからさあ大変。彼女たちはアレがいいだのコレがいいだの。でも私、お金の問題じゃないんです。この嬉しさはお金じゃ買えない、それほど嬉しいんです。わかっていただけますか?
長文になりそうなので後編は明日のお楽しみに。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ