2008年10月03日

こんな酒のアテはいかが?ってか

体重は順調に予定通りに折れ線グラフのとおりに推移しております。正確には93.4→86.5(6.9減)11日間でここまで落とせました。暫くこのあたりで少しのリバウンドもあると予定し数日間この状態を保って、それからまた第二回目の戦いに突入します。この方法の良いと思ったところは入念な打ち合わせと無理のない計画。多分、初めの下がり方が急激なためアレっと思われた方もいらっしゃると思いますが。コレは私の体重が普通の方よりも多いために最初に7%、次に5%と徐々に減らせてグラフ的にはなだらかなカーブを描くようになっています。なんだかこのブログがダイエット日記のようになってきましたが・・・
巷ではレコーディング・ダイエットなるものもあるそうですが、コレもやっぱり記録する事で自分の食べたものを確認すると言う意味では有効かと思います。
今回の私の無謀とも言われたチャレンジも最近では周りが興味をもってみてくれているせいか全然、苦にもならなくなってきました。一人で黙々とするのもいいけど、人に宣言して自分にプレッシャーをかけることにより出来た時の喜びはきっと大きなものになるでしょう。
しかし、少々不穏な動きがあることに気が付きました。人の喜びより不幸のほうが面白いらしく、何と私の今回のダイエットにはブックメーカーのオッズならぬ成功するか失敗するかの賭けの対象になっているというのを聞きました。そりゃそうでしょう。なんでまわりの悪ダチたちがこうもすんなり応援などすることに少々、疑問に思っておりました。成功して喜ぶにしろ失敗して嘆くにしろ奴らにはどっちでもいいのです。それでまたこの話しをネタに一杯飲めればアテのひとつに過ぎないらしいです。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ