2008年10月23日

昨今のニュースで思うこと

久しぶりに体重計に乗りました。
あらら、83キロになっていたではありませんか。
ここ2〜3日計っていなかったし、ちゃんと食事も取っていたのにどういうこっちゃ。でも正直嬉しい。
まだ彼女たちに進呈する品物は考えつかなくて迷っています。もう少しお待ちを。
昨日のバカたれ悪友の深夜の襲撃。そして夜中の診療。まったく困ったものです。これが他所の医院なら絶対に診てくれんゾ。と何度も念をおして言っておきました。でも昔はこんな連中も普通の患者さんでしたが、ちょっと甘い事を覚えたらすぐに調子にのり時間場所をかまわず電話をしてきます。電源を切っておけばよいものをついつい入ったままになっている時に限ってかかってきます。今後は切っておこう電源を。
でもやっぱり医者の血がそうさせるのか、困った人を黙って見てられない・・と言うとカッコイイ言い方だけど昨日のニュースなどのように患者のたらい回しなんて記事を見たら病院サイドの言い分にも一理あるとは思うけれど、患者のサイドから見れば何のための救急医療か、そういわれても仕方ないのではないか。
ここでもう一度医者になった時の志を考えてみてはどうでしょうか。医者だけでなく医療に携わるものにとってどんな気持ちでこの職業に就いたか考えてみるいいチャンスのような気がしました。そこで久しぶりに今日の一言。

 back to the basic. foward to the standard.

基本を見直し、立ち返って、新しい自分の基準を作ろう。  とでも訳しましょうか。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ