2008年11月03日

着実に一歩ずつ、夢を追い続けて

昨日の謎のミスターX氏がやろうとしている地域に
一度足を運んでみたくなって実際に見に行ってきた。
まだ造成中の新興住宅の中を車でゆっくりと見てまわってみると、もうすでに入居されているところもあってここも何年か後には素晴らしい街になるんだろうって思いました。新駅の建設予定地やこれから造成されるであろう山の中腹に掲げられている看板を見て、こんな山を切り開いて何万人もの街を造るって人間の知恵と技術は素晴らしいもんだなって感心してしまいました。それは彼がこの新しい街に幼稚園を造ろうとしていることなんです。幼稚園?って思われるかたもいらっしゃるかと思いますが、これからの将来ある子供達に夢と希望を持ってもらいたい、そして本当ならそこに行けたかもしれない自分の息子さんの分も自分の生涯の夢として関っていきたいって熱く語ってくれました。是非にってお誘いを受けたんで直ぐに現場を見たくなってこの目で確かめに行きました。
素晴らしい構想を見たり聞いたりしてこれは是非とも実現してほしい、しなくてはならないって実感しました。そのために彼はあらゆる方面に協力を求めて私にも相談してくれました。ここで断ったら男が廃る。
夢のような壮大な計画ですが、一歩一歩着実に進んでくれることを祈っております。私も微力ではありますが協力は惜しみません。何かできることを探していこうと思っております。人生残り少ないですが遣り甲斐のある事を見つけたことに大きな夢が膨らんできました。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ