2008年11月07日

やってみるのに躊躇するなかれ

最近、仕事の調子が良い。
別に今までと変わった事をしているつもりではないのにである。患者さんの数が特別、増えたわけでもないのにである。何が今までと違っているんだろうか?
ふと考えた。そうだ、前にここのブログに紹介したレジ打ちの女性の話のように患者さんと会話の回数が増えた事くらいです。でも今まではあまり喋りすぎると治療にならないんじゃないかってかってに思い込んでいたフシがありました。今は極力、ムダにはならないような感じで喋っているようです。(スタッフ評)
そのうえ、最近読んだ哲学者の梅原猛先生の本のなかで「精進と禅定」と言う本の中にこんな事が書かれていました。

 一生懸命、働く事。そして、集中する事。
 そうすれば人間は 磨きあげられていく。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ