2008年12月06日

12月の珍事

12月に入ってまだ一週間しかたっていないのに今月半ばまでアポは埋まってきています。どうしたことだ?
いつもは暇にしていてどのようにアポを埋めようか考えているのに。特に土曜日のアポはもう数名しか空きがなくなってしまいました。治療をしに来ているのかおしゃべりをしにきているのか分からない感じがします。前にも書いたように極力、患者さんとお喋りをするようになってからなんだか患者さんとの距離が縮まったようにも思えます。平日を知っている患者さんはここの院長先生はあまり喋らない人ではないか?って思われていたみたいで、土曜日に来た時にビックリされていました。どちらが本当の私か分からなくなることもあって少々慌てることもあります。
患者さんにとっても先生といろいろお喋りをすることで不安を解消する事もできるし、納得して治療に入っていただけてこちらも良い結果が得られることにもつながります。このブログも書きながら、治療をしながらなんで飛び飛びになってしまっているようでご容赦を。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ