2010年01月07日

あなたの周りに悪魔がいるかも・・・

そろそろ正月気分も抜けてきそうだが、仕事の方は年末年始に働いていたのであまり休んだ気がしません。
昨日友人と昼飯を食べていた時の事、隣にいたOLが話していた事が気になったので紹介いたしましょう。
その方は年齢(女性に聞くのは失礼なので、あくまで想像で)三十歳前後の方ともうちょっと上?の二人連れ。今はやりの草食系男子の話でした。
「ねぇ この前の合コンどうだった?」
「ウ~ン いまいちかな」
「そうなんや 私とこのはややマルかな」
「そう よかったやん」
「でもね 今流行の草食系みたい」
「えっ 草食系?」
「何か決断力に欠けるのよねぇ」
「そうそう ウチとこもそっち系が多かったわ」
「ヤッパリ」
「なんか テレビでも言ってたけど、あんまり草食系、草食系って言って欲しくないわ」
「ホンマやねぇ」
「あんな事言うと 益々そんな男が増えるやないの」
「男やったら もっとガツガツと行かないとねぇ」
「今度一度、ワイルド系を探してみようか?」
「ホンマやわ 刺激が欲しいわ」
「はっはっはっ・・・」
簡単に言えばこんな内容の話しでしたが、一緒に食べていた友人はこんな話をしていました。
その子たちが先に席を立ったので、今聞いた話をもう一度持ち出して二人でディスカッション。
「今どきの子はあんなんやろうか?」
「いや 一部やと思いたいなぁ」
「ホンマやなぁ」
「あんなのにつかまったら大変や」
「ホンマやなぁ」
「彼女ら男をどう思っとるねん」
「いっぺん ガツンと言ったらな」
「ホンマやホンマや」
「いっぺん 俺たちワイルド系を思い知らせてやろか」
「ホンマやホンマや」
こんな話で一盛り上がりしました。すると彼女たちとは反対にいたお客さんは、気が付かなかったけれど当医院の患者さんでした。
「先生 おめでとうございます」
「あっ ○○さんおめでとうございます」
「今どきの子は凄いですね」
「ホンマ びっくりしますわ」
「先生たちワイルド系ですか?」
「いや 体はでかくていかにもワイルド系ですが心は小心系ですわ」
「はっはっはっ」
「何でですか?」
「いやはや 今の問題の子はねぇ」
「はい」
「ウチの女の子なんですよ」
「・・・・」
「いっぺん言っておきますわ 私の知り合いの先生にワイルド系がいるって」

Comment

ら・みーめ

ら・みーめです。はじめまして。
私事ながら、長男は石川遼プロと同い年の超草食系です。
現中1と中3の娘達は私の若い頃と同じく、2次元世界の男しか愛せないそうです。
つまり、アニメ・コミックのキャラクターですな。
安心なのか、不安なのかビミョーです。
現実にいるアラサー・アラフォーのお姉さま方のように肉食になられるのも嫌だけど、アニオタのまま成人されてもなぁ…。
そして長男も人生最大のモテ期6歳のまま終わられてもなぁ…。
母は心配のタネが尽きません。

2010.01.07 14:54:00

サンダーバード

ら・みーめ様 はじめまして コンメント有難うございます。
今の若い子(こんな事を言うと年寄りくさい)って言われそうですが、年々分からなくなってしまいますね。当医院の女の子も20代半ばの子とジャスト30歳なんですが、彼女らのコメントはこうでした。我々とは食い物が違うから思考回路も違うとか?彼女たちの親御さん世代は我々と同世代なんで何とかついて行けるんですが、それより若いこの世代は意味不明?って一言で片付けられました。それより我々男子がもっとしっかりしないと女の子たちに相手にされなくなって、草食系からきっと微生物系(男女の判定不可能)世代になってしまいそうで怖いです。

2010.01.07 15:24:12

ページの先頭へ