2010年10月28日

嵐の前の静けさか?

先日書いた中で、今週末に船釣りに行くと言っていた後輩と同級生の件。どうやら台風の影響で無理になりつつあるようです。
これも日頃の行いか?それとも運がいいのか?
何故って言えばもし少しでも無理をして出て行っても、ボウズだろうし何より危険だ。そんな目にあうくらいなら何かほかの事で穴埋めをすればいいこと。多分わが後輩は抜け目の無い奴。絶対に代案を考えているはず。タダでは起きない奴だから。雨降ってなんとやら・・・コイツはなにかしらの作戦を練っているであろう。
その同級生と昨夜会っていろんな事を相談に乗っていたら、おもしろい事にこんな話しがあった。それは最近、余り釣りには行かなくなったとか、ウソつけ、しょっちゅう私をだしに出かけているくせにって言ってやったら、こう言われた。
「オマエなぁ オレをあまりだしに使うなよ」
「使ってないし」
「そうかて ちゃんと言っておいてくれないと奥さんになんて言ったらいいか分からんからな」
「いやいや 心配はいらんで」
「何でやねん」
「そうかて 釣りに行く時はオマエの名前は出してないもん」
「そうしたら 他では出してんのか?」
「ウン ちょいちょいな」
「ちゃんと言っておいてくれよ」
「この前も 奥さんと会った時に言われたデ」
「何て?」
「いつもウチの主人がお世話になってますって」
「おう そんなんスルーしとけや」
「アホ オマエの奥さん上手い事引っ掛けよるからな」
「何がや」
「オレからオマエのこと探りにきよるからや」
「そしたら 何か聞き出しよったんか?」
「いや それそどでもないけどな」
「それほどでもないって どういうこっちゃ」
「いや・・・」
「何かおかしいと思ってたんや」
「何がや」
「前におまえと会ってから 嫁がやけにいろんな事を聞きよるから」
「オレ何も喋ってへんで」
「そんなら いいけど」
こんな会話だった。でも本当はいろんな事喋ったんやけどなぁ。
いちいち喋った内容なんか覚えとるかい。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ